ホーム > 製品トピックス > 外構工事・DIYで使用可能!階段ブロック

製品トピックス

外構工事・DIYで使用可能!階段ブロック

2017/12/15



 

こんな困ったこと、ありませんか?

 

公園や外構工事で階段を作るのがとても大変・・・

コンクリート製品で簡単に施工できる階段ブロックはないかな? 

 

現在、外構工事や個人でDIYをする人が増えてきています。

その中でも、『階段を作るのは難しそう』『どうやって作ればいいの?』と考えることもあると思います。

 

そこで、現場打ちと比べ簡単に施工できる階段ブロック『π型階段ブロック』をご紹介します。

 

π型階段ブロックは、擬石や石張り模様のデザインで周囲の景観ともマッチします。

※重量が約570kg〜となりますので、個人でご使用になる際はご注意ください。

 

 

◆階段ブロック π型階段ブロックの特長

 

π型階段ブロック(階段ブロック)は、護岸や公園などにある現場打ちでは施工しにくい階段部分をプレキャスト化したブロックです。

@現場打ちに比べ、施工が早く大幅な工期短縮になります。

A大型ブロックなので早くて安全!

Bガイドピンで連結するガイドピン工法を使用します。

C1段用、2段用の製品をご用意しているので、現場にあった高さ調節が可能です。

D表面の模様は、原石から型取りした擬石模様や、自然石張りなど、周囲の景観にあったタイプをご用意しています。

Eブロック積と同じ施工方法で施工でき、胴込めコンクリートと一体化を図れる製品形状です。

 

(石張り模様)

 

 【階段ブロック π型階段ブロックの製品紹介ページはこちら】

 

 

<規格寸法>※基本型/1.5

呼び名

(mm)

長さ

(mm)

厚さ

(mm)

参考重量

(kg)

基本型

1250

800

182/350

576

1段用製品、2割対応製品もご用意しています。

CADデータが必要な場合はお気軽にご連絡下さい。

 

 

(製品図)

 

⇒ 【階段ブロック π型階段ブロックのカタログはこちら】

 

 

◆階段ブロック π型階段ブロックの施工方法

 

@法面を所定の勾配に整地し、施工金具をブロックに装着する

Aブロックをクレーンで吊り上げ、法面に敷設する

Bブロック相互をガイドピンで一体化し、胴込コンクリートを打設する

 


 (施工中)

 

 

(擬石模様)

 

 

現場打ちに比べて簡単に、早く施工が可能です!

外構工事、公園工事、DIYにいかがでしょうか^^

是非ご検討ください!

 


一覧に戻る
郡家コンクリートのお問い合わせはこちら

ページトップへ