ホーム > 製品トピックス > プレキャストL型擁壁の施工方法

製品トピックス

プレキャストL型擁壁の施工方法

2018/04/13



 

こんなお悩みや困ったこと、ありませんか(?_?)

 

 

『田畑の境界などにL型擁壁を使用したいが、施工方法がわからない!

 

郡家コンクリートでは、そんなお悩みを解決します!

 

L型擁壁「KOOGE-WALL」を例にご紹介します!』

 

春になると、『田畑の境界にL型擁壁を使用したい』という個人のお客様からもお問い合わせを頂くことがあります。

そこで、今回はL型擁壁の施工方法を「KOOGE-WALL」を例にご紹介します☆

 



◆プレキャストL型擁壁 KOOGE-WALLの特長

従来のL型擁壁の擁壁設計は、『試行くさび法』ですが、郡家コンクリートのKOOGE-WALLは、『改良試行くさび法』を適用しています。

改良試行くさび法は、従来のL型擁壁に比べ底版幅を820%小さくできるため、製品の軽量化によるローコスト化にもつながり、経済性・施工性に優れています。

 

<特長>

・土圧理論に改良試行くさび法を適用することで、軽量化を図っており、経済性・施工性に優れています。

・支持地盤が粘性土でも適用が可能です。

・底版幅が従来のL型擁壁の製品に比べて小さいので、基礎工や床掘りの規模が軽減されます。

・道路が曲線であっても適用が可能です。

・リブ構造でないので、任意の長さの短尺製品が製造可能です。

・製品間を連結金具で結合するので、沈下による段差や目地違いを防止できます。

・コーナー対応の製品もご用意しています。

・表面はハツリ模様でお客様に好評頂いています。

表面拡大'

↑ハツリ模様↑

 

<施工例>

 

⇒ L型擁壁『KOOGE-WALL』の製品紹介ページはこちら】

⇒ L型擁壁『KOOGE-WALL』のカタログはこちら】

 

 

プレキャストL型擁壁 KOOGE-WALLの施工方法

<施工方法>

@床掘を行います

A基礎砕石・基礎コンクリート(均しコンクリート)・敷モルタルを敷設

B製品据え付け

その後、根入れを確保し、製品天端まで埋戻します


※根入れは現場条件、製品高さによって30cm〜50cm以上確保して施工してください。

 

<施工中>

 

 

◆プレキャストL型擁壁 KOOGE-WALL 上部にガードレール設置可能!

KOOGE-WALLは、ガードレール基礎の下部擁壁として使用できます。

 

<施工例>

ガードレール基礎『プレガードU』の下部に使用

 

【ガードレール基礎『プレガードU』の製品紹介ページはこちら】

 

<設置基礎標準図>

※設置条件は現場の設計条件により異なります。

 

 


一覧に戻る
郡家コンクリートのお問い合わせはこちら

ページトップへ