ホーム > 製品トピックス > ガードレール基礎の施工方法

製品トピックス

ガードレール基礎の施工方法

2017/12/01



 

 

こんな困ったこと、ありませんか?

 

プレキャストガードレール基礎の施工方法って?? 

ガードレール基礎を使用したいけど、詳しい施工方法がわからない・・・(-_-;)

 

 

そこで、ガードレール基礎「プレガードU」の施工方法をご紹介します。

 

 

◆ガードレール基礎「プレガードU」の特長

プレガードUは、「車両用防護柵標準仕様・同解説」「道路土工―擁壁工指針」の基準改定に伴って開発されたプレキャストガードレール基礎です。

国土交通省の新技術の活用、新技術に関わる情報の共有及び提供を目的としているデータベースシステム『新技術情報提供システム(NETIS)』に登録されています。

 

現場打防護柵基礎(ガードレール基礎)と比較した場合、3つの特長があります。

@施工性・環境性に優れます

 ・7割の工期短縮

 ・L型擁壁背面に設置した場合は調整コンクリート不要

 ・軽量だから小型機械で施工可能

 ・現場打型枠不要による廃棄物処理が減少

 ・工期短縮、施工機械半減によるエネルギー抑制

 ・カーブ施工及び縦断施工が可能

A経済性・安全性に優れます

 ・現場打ち構造と同等以下の経済性

 ・連結による一体化で軽量化を実現

 ・静物実物大実験により性能を確認

 ・設置時の効率アップ

B維持修繕にも最適です

・既存擁壁のガードレール取替え時に天端から0.5mの修繕で対応可能

 ・プレガードの取替えが発生した場合は部分的な取替えが容易

 

⇒ 【ガードレール基礎 プレガードUの製品紹介ページはこちら】

⇒ 【ガードレール基礎 プレガードUのカタログはこちら】

 

☆★プレガードUは、

@道路土工-擁壁工指針改定後の適用規格名称の変更

Aブロック積擁壁上部にプレガードUの使用が可能!

となりました。

詳しくは

⇒ 【トピックス「ガードレール基礎 プレガードU 名称変更・ブロック積天端設置対応可能に!」】

をご覧ください^^

 

 

◆ガードレール基礎 プレガードUの施工方法

 

@ 基礎工

砕石厚100mm、敷きモルタル均しコンクリート100mmを標準とします。


 

 

A 製品のつり込み状況

側壁や底版部材に過度の応力が発生しないように留意し、運搬時には、過度の衝撃を与えないように注意して下さい。



B 製品の設置

据え付け用の丁張りを設置し、丁張りに沿って所定の位置、高さで正確に設置して下さい。



C 連結金具接続工

連結ボルトを製品両側に通し、樹脂ナットを締め付けて下さい。

その後、六角ナットの締め付けを行って下さい。


 


D 間詰コンクリート打設

間詰コンクリートの目的は、連結筋の固定であり開口部まで入念にコンクリートが行き渡るよう行って下さい。


 

 


 

 

 


一覧に戻る
郡家コンクリートのお問い合わせはこちら

ページトップへ